ビタミンAの効果って?

ビタミンAは目の健康に欠かせない栄養素として知られています。

別名で網膜を意味する「レチノール」と呼ばれるほど、目の働きと密接に関係する物質なのです。

身近な効能としては、目や鼻などの粘膜を強化することから、花粉症の予防に効果を発揮します。

ビタミンAはレバーやウナギなどの動物性の食品に多く含まれています。

ただし、これらの食品は高カロリーな物が多いため、ピンポイントでビタミンAを補いたい場合にはサプリメントなどを活用すると良いでしょう。

ただし、ビタミンAを過剰に摂取すると重い副作用が起こる危険性があります。

特に妊娠中の女性は、胎児に異常をもたらす可能性があるので、1日の摂取量が3,000μgを超えないように注意してください。

ビタミンAは網膜に存在し、目が光を感知するのに必要な「ロドプシン」という物質の主成分としても知られています。

ビタミンAを補うことで、光を調整する機能が正常化され、夜盲症などを予防する効果があるといわれています。

さらに、ドライアイを改善し、白内障を予防する働きもあることから、目には欠かせない栄養素として知られています。

医療の現場では、レーシックの術後に角膜を再生させ、治癒を促進するためにも使用されています。

ビタミンAには、汗腺や皮脂の分泌を正常化する働きもあるので、皮脂膜の減少を防いで、乾燥肌を改善する効果もあるといわれています。

内臓においては、胃腸の健康維持に欠かせない物質としても知られています。