つなぎ融資って何?

つなぎ融資とは、住宅ローンが実行されるまでの間、一時的に借り入れるローンのことです。

1年以内の短期間利用するのが一般的です。

なぜ、よけいな金利を負担してまでつなぎ融資を利用しなくてはならないのでしょうか。

家を新しく建てる場合、その代金の決済は3段階に分けて行われるのが慣習です。

まず、建築会社と建築請負契約を結んだときに手付け金を支払います。

次に、棟上げが終わったときに中間金を支払います。

最後に、住宅が完成して引き渡しの時に残額を支払います。

住宅ローンは住宅を抵当権に設定しますから、住宅の完成していない工事請負契約の時点では融資が実行されません。

しかし、建築の代金はその都度支払っていかなくてはいけませんから、その間を「つなぐ」ための資金としてつなぎ融資を利用することになるのです。

完成時に全額支払う、という契約になっていても、完成時に代金を決済しなくては住宅を引き渡してもらうことができません。

自分の名義で登記できないのです。

自分の名義で登記した住宅でないとローン抵当とは認められませんから、この場合でも、住宅完成後、つなぎ融資を受けて代金を支払い、住宅の登記をすませて、住宅ローンを組み、融資が実行されたらつなぎ融資を返済する、という手順を踏むことになります。

つなぎ融資には、つなぎ融資の利息、融資申し込みの印紙代、書類発行手数料、融資手数料、振込手数料などがかかります。

つなぎ融資の利息は抵当権の設定などが無い分だけ高額です。

利息は日割りで計算されますから、建築会社や不動産会社、ローン元の金融機関とも相談して、つなぎ融資を受ける期間が一日でも短くなるようにしましょう。