加齢臭 洗濯

加齢臭はシャツや下着などの服につきやすく、また一度つくとなかなか落ちないものです。

臭いがついたままの服を着ていると、余計加齢臭がきつく感じられてしまうので洗濯できちんと落とす必要があります。

加齢臭に効果的な洗濯法としては洗剤と酸素系漂白剤を使い、少し熱めのお湯につけ置きしておくことをおすすめします。

漂白剤には殺菌作用と漂白作用があるので、においも元となる雑菌を抑える効果があり汚れを落とす洗剤と併用するとよいでしょう。

時間は30分程度から最大でも2時間ぐらいが最適です。

つけ置き後は、他の洗濯物と一緒に洗濯機の中に入れて普通に洗えばOKです。

また、首回りや脇、胸など皮脂の分泌が多い箇所は臭いが残りやすいので、部分洗いも効果的です。

直接洗剤を服につけて、手で軽くもみほぐすように洗っていきます。

生地を傷めないように力を入れすぎないよう注意しましょう。

更に、シャツの襟や袖口などは黒ずみがついてから慌てて部分洗いする人もいますが、黒ずみがついた状態というのは既に汚れがシャツの繊維の奥にまでしみ込んでしまっている状態なのでキレイに落とすのが難しくなります。

できれば日頃からこまめに部分洗いをしたり、漂白剤を併用するなどの対策をとっておくと黄ばみや黒ずみが防げます。

そして洗剤選びもポイントとなりますが、洗剤は洗うものや洗濯物を干す環境などによって使い分けると効果的です。

白いワイシャツなどを洗う場合は、白い物の白さを保つための蛍光増白剤入りのものがおすすめです。

逆に淡い色のものを洗う場合は、色落ちの可能性があるので漂白剤などが含まれていないものがよいでしょう。

また室内干しする機会が多い場合は、洗濯物の雑菌の繁殖を防ぐ効果のある室内干し専用の洗剤を使うようにしましょう。